Excelファイルがないときにスプレッドシートでなんとかする方法

スプレッドシート
スポンサーリンク

ランサーズでお仕事を探していると、想定外にExcelファイルの需要があることに気が付きます。

始めたての頃は、なんでライティングにExcelファイル?と思っていたんですが、いくつか案件をこなしているうちに便利な理由もわかってきました。

1回しか使わないデータのために、スプレッドシートを作って共有するのも面倒なんですよね。ファイルならチェックし終えたら、そのままポイっとゴミ箱へ放り込めば終わります。

しかし今、手持ちのパソコンには、Microsoft Officeが入っていません。

当初は思わず頭を抱えたものですが、Googleスプレッドシートのおかげでなんとかなりました!

スポンサーリンク

GoogleスプレッドシートへExcelファイルをアップロードする

やり方は簡単です。

スプレッドシートのホーム画面から、「最近使用したスプレッドシート」の右側にあるファイルアイコンをクリックします。

最近使用したスプレッドシート右側 ファイルアイコン

すると、ファイルを開くというポップアップが開くので、メニュー一番右側の「アップロード」を選択しましょう。

スプレッドシートポップアップ ファイルを開く画面

点線で四角に囲まれたドラッグ用の領域に、ファイルをドロップするとアップデート完了です。

真ん中の「デバイスのファイルを選択」を開いて、フォルダから辿っていくこともできます。

スプレッドシートポップアップ ファイルドロップ画面

Googleドライブの左上にある+新規をクリックして出てくる、プルダウンの「ファイルのアップロード」からも可能です。

すでにスプレッドシートを開いた状態からでも、メニューのファイルからインポートを選べば開けます。

GoogleスプレッドシートへExcelファイルをアップロードすることで、シートの表示と編集が可能です。

ただし、完全に同じものになるわけではないみたいですね。

データの大きさやグラフなどによっては、形が崩れることもあるようなので、ガチの作業が必要なものは注意しましょう!

不安が残っているなら、Word Onlineを使って確認してみるといいと思いますよ。

指示書や指定データの参照作業くらいなら、スプレッドシートで十分でした。

GoogleスプレッドシートからExcelファイルへ変換する

今まではたまたまデータ参照系が多かったですが、全部が全部そうじゃありません。

指定されたチェック項目に記入してから提出を求められるときは、スプレッドシートからExcelファイルへ再変換しています。

メニューからファイル→ダウンロード→Microsoft Excel(.xcel)を選択すればOKです。

設定をいじってなければダウンロードフォルダ、変更していれば指定したフォルダにダウンロードされます。

おわりに

いっそWord Onlineを使えばいいような気もしますが、 完全に同じ操作性じゃないので、覚えていくのが面倒なんですよね~……。

現状、スプレッドシートである程度賄えるならいいかな、と思います。

関数なんかも共通しているようなので、ちゃんとマスターしていければもっと便利に使えそうですね。

タイトルとURLをコピーしました