Googleドキュメントのファイルを別形式に変換する方法

ドキュメント
スポンサーリンク

必要なファイルの形式が違うからといって、いちいち別のソフトで記事を作成するのは面倒ですよね。

私はお仕事をするときには、基本的にGoogleドキュメントとスプレッドシートを利用しています。

ただ、クライアントによっては別の形式を要求されることも、結構あるんです。

それでも、Googleドキュメントには変換機能が備わっているおかげで、なんとかなっています。

そんなに手間もかからないので、一度知ってしまえば便利に使えますよ。

スポンサーリンク

ぎゃー!Word持ってない!……あ、大丈夫ですか。そうですか。

ウェブライターとして活動を始めてから、はや数ヶ月。

それなりに提案も採用されるようになってきて、タイピングにもそこそこ慣れてきました。

私がお仕事を始めたころに戸惑ったのが、納品形式の指定です。

基本的に、クライアントの指定する形式に沿って、記事を作成するわけですが……。

ランサーズで納品するときは、メッセージ上でやり取りをします。

ファイルをメッセージに添付して納品するときは、だいたいWordかテキストを指定されることが多いです。

ところが、なんとうっかり、ワードもエクセルも持っていなかったんですよ!だって高いから!

まさか、必要になる日が来るとは思ってなかったので、買ってなかったんです(笑)

使ってるパソコンはDELLだったし、 ウィルス対策は引き継げばよかったので、まあ、いっか!って。

あれ、買わないと仕事できない?って最初は焦りましたが、Googleドキュメントから変換できることを知って一安心しました。

実際今までそれで何とかなったので、忘れないように残してきます。

Googleドキュメントからワード形式( .docx )に変換する方法

知ってしまえば、超簡単でした。

もうほんとに、一瞬で終わります。

ツールバーから、ファイル→ダウンロード→Microsoft Word(.docx)をクリックするだけです。

Googleドキュメント Word形式変換

それだけで、あとはダウンロードフォルダを開けば、そこにワード形式のフォルダがあります。

ワードパッドで確認してみても、特に違いは感じられませんでした。

Googleドキュメントからテキスト形式( .txt )に変換する方法

こちらも一瞬で終わります(笑)

ツールバーから、ファイル→ダウンロード→書式なしテキスト(.txt)をクリックするだけです。

Googleドキュメント テキスト形式変換

こちらもダウンロードフォルダに、テキスト形式のファイルが入っています。

ただし!ちょっと注意が必要!

このやり方で変換したときに、改行部分がおかしくなるんですよ!

通常の改行は問題ないんですけど、空白改行の部分だけ、なぜか1行プラスされます。

1行空白の指定があるときに、この方法で変換してしまうと、無駄に2行改行された状態に。

テキスト形式の場合、普通にCtrl+Aで全選択して、メモ帳にコピペした方が早かったですね~。

Wordにはオンライン版もあるらしいけど……

一応、ワードにはWord Onlineっていう、オンライン版があるようです。

そっちを使ってみる選択肢も、ないわけじゃなかったんですよ。

ただ、やっぱり無料のままだと、製品版より機能が制限されるという話もあるので、今のところいらないかな?

なにより、今のところランサーズでいただけているお仕事って、Googleファイルを共有するタイプもわりと多いんですよ。と、いうかディレクターズの案件なんかも、そんな感じです。

スケジュールの管理や、レギュレーションの提示はスプレッドシートが多いですし……。

記事の提出や修正依頼なんかも、いちいちファイルを送らなくていいのがすっごく楽です!

コメント機能を使えば、エビデンスの提示や質問なんかも結構わかりやすいですしね。

初めて共有機能を使ったときは、だいぶワタワタしましたけど……。

あの時丁寧に対応して下さったクライアント様には、感謝してもし足りません。

まだまだ分からない機能もたくさんありますが、ちょっとずつマスターしていきたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました