Googleスプレッドシートでカウントした文字数を合計表示する方法

スプレッドシート
スポンサーリンク

Googleスプレッドシートで文字数をカウントできるようになったら、ライティングは結構捗ります。

そしてどうせならカウントするなら、合計数だって知りたいですよね。

なにせ記事の文字数制限というものは、小見出しごとだけじゃなくて記事全体を指していますから。

そんな時は「SUM関数」を活用しましょう!

スポンサーリンク

「SUM関数」を使えば、勝手に計算してくれる!

これは指定したセル範囲にある数字で、合計値を計算してくれる関数です。

合計した数を表示したいセルに、関数を入力。

=SUM(〇:◎)

〇の部分には合計したいセルの開始位置、◎の部分には合計したいセルの終了位置を入れましょう。

こんな感じです。

例えば(A1:A5)とか(A1:C5)のようにして、範囲を指定します。

この「:(半角コロン)」の右側を、Aとか1とかだけにすると、その列や行の終わりまでという意味に。

ちなみに列や行を丸ごと指定することもできます。

列を指定するときは(A:A)のように、行を指定するときは(6:6)といった感じです。

セルをマウスでドラッグして指定することもできるので、いちいち数字を入れるのが面倒な人は便利。

決定するときはEnterキーかF2キー、またはCtrl+Eを押してくださいね。

「=SUM」は小文字の「=sum」でも大丈夫なのでお好みでどうぞ。

セルに直接書き込まずにクリックだけでも可能

「LEN関数」と同じ……というか、関数は全部そうです。

関数を入れたいセルをクリックして選択状態にしたら、スプレッドシートのメニューバーをクリック。

「挿入」→「関数」→「SUM」でOK!

なお、使わないとは思いますが、「挿入」→「関数」→「数学」→「SUM」でも可能です。

SUMはちょっと下の方にあるので、ホイールなどでスクロールしましょう。

関数が入力されたら、指定したい範囲をにゅいっとドラッグして、決定すれば終了です。

もちろん手動でも入力できますよ。

「SUM関数」では個別のセルを指定しても合計できる

範囲丸ごとじゃなくて、セルを個別で指定して計算することもできます。

個別で指定したい時には、「:(半角コロン)」で区切るのではなく、「,(半角カンマ)」を使用。

=SUM(△,✕,□)

こんな感じに入力することで、好きなセルを選択することができます。

Ctrlキーを押しながらクリックしていくと、簡単に選択することが可能です。

また、範囲の指定と合わせても使えます。

=SUM(〇:◎,△,✕,□)

ライティングで使うことはあまりないですが、覚えておくと便利かもしれません。

おわりに

「SUM関数」を利用することで、ざっくりと全体の文字数が把握できるようになりました。

こうなったら、さらに本文だけの文字数もカウントしたいところです。

見出し部分だけをチョイスして合計数から引いてもいいんですが、もっとサクッと行きたいですよね。

もちろんその方法もあるのですが、それはまた次の記事で解説したいと思います。

この記事が誰かのお役に立つことを願って……。

タイトルとURLをコピーしました