Googleスプレッドシートで合計値に条件付けをする方法

スプレッドシート
スポンサーリンク

「LEN関数」を使ってセルの文字数をカウントできるようになって、「SUM関数」を使ってその合計値を出せるようになりました。

そうしたら、次はその中でより分けをしたくなったのです。

私はスプレッドシートでライティングをする際に、見出しと本文を別のセルに分けているのですが、 「SUM関数」 だと全部まとめて合算されてしまうんですよね。

セルを個別に指定して行っても良いのですが、それだと構成が増減したときにいちいち面倒なので。

そんなわけで、指定した範囲の中でさらに条件を指定して、欲しい数値だけを合算することにしました!

スポンサーリンク

「SUMIF関数」を使って合計値を出すセルに条件付けをする

「SUMIF関数」で条件付けをすることで、別のセルと組み合わせた検索条件を付けられます。

=SUMIF(範囲,"条件",合計範囲)

・範囲:付けられた条件に応じて、検索を行う範囲のこと。
・条件:そのまま。どんな条件が含まれたセル内容を計算するか。
・合計範囲:検索範囲に対応しているセルの範囲がどこにあるか。

「範囲」と「合計範囲」は同じ行じゃなくても大丈夫です。

例えば、=SUMIF(A1:A10,"条件",B10:B20)とかでもちゃんと認識してくれます。
ただし縦横入り乱れると、認識してくれないようですね。

「SUMIF関数」を使って検索するセルの条件が完全一致している場合

検索するセルの条件が完全に一致している場合は、そのまま条件を指定すれば済みます。
例えば、見出し分の合計値だけ出したいな~って思ったときは、こんな感じです。

=SUMIF(A4:A,"見出し",B4:B)

まあ、見出しだけ足したい場合は滅多にありませんが。

この時の注意点としては、「検索する条件」は完全一致していないと弾かれることです。
なので誤字脱字はもちろんのこと、余計な文字がくっついていてもカウントされません。

例えば「見出し1」や「小見出し」とかが混じっていると、別物扱いされます。

検索するセルの条件が一部だけ一致している場合はワイルドカードを使う

「検索する条件」が完全一致していないけれど、一部一致していれば何とかなります。

ここで「ワイルドカード」なるものを使えばいいのです。
「ワイルドカード」と言えば、やっぱりUNOを思い出す人もいるんじゃないでしょうか。

実際にこの「ワイルドカード」も、わりと似たようなイメージで使えます。

・「*(アスタリスク)」:0文字以上でここに何文字入っていてもOKということ。
・「?(疑問符)」:1文字分を指定する。元の文字プラス何文字入っているかを指定できる。
・「~(チルダ)」:「*」「?」を検索したいときに使用する。

例えば「見出し1」「見出し2」のように同じ条件の後に数字が入って増えていく場合、「見出し*」のように入力します。

大体の使用例はこんな感じです。「?」は欲しい文字の数だけ打ち込む必要がありますよ。

入力例意味
"A*"Aの後に0文字以上付く
"*A"Aの前に0文字以上付く
"*A*"Aの前後に0文字以上付く
"A?"Aの後に1文字付く
"?A"Aの前に1文字付く
"?A?"Aの前後に1文字ずつ付く
"?A*"Aの前に1文字付いて、Aの後には0文字以上付く
"*A?"Aの前に0文字以上付いて、Aの後には1文字付く
"?*A"Aの前に1文字以上付く
"??*A"Aの前に2文字以上付く
"<>A"Aではない。Aとは完全一致しない
"<>*A*"Aを含んでいない

もし「*」や「?」を検索する必要があるなら「~」を使いましょう。

"~*"「*」を検索する
"~?"「?」を検索する
"*~**"「*」の前後に0文字以上付く
"*~?*"「?」の前後に0文字以上付く

「ワイルドカード」を使うと、見出しを除いた本文の文字数だけを合計することができます。

こんな感じです。

数値の大きさで検索条件を指定する

指定した数値との比較でも、検索条件を指定することが可能です。

3を基準に指定した場合はこうなります。

"<3"3未満の数値が打ち込まれているセルを指定
">3"3を超過した数値が打ち込まれているセルを指定
"=3"3と同じ数値が打ち込まれているセルを指定
"<=3"3以下の数値が打ち込まれているセルを指定
">=3"3以上の数値が打ち込まれているセルを指定

3以下の数値が打ち込まれているセルを指定した場合の例。

ちなみに、=SUMIF(範囲,"条件",合計範囲)の「範囲」と「合計範囲」を同じ列などで指定することも可能です。

例えば、=SUMIF(A:A,"<=10",A:A)のようにすると、A列の中で10以下の数字を全部合計してくれます。使いようによっては便利かもしれません。

おわりに

「SUMIF関数」を初めて知った時には、めちゃくちゃ感動しました。

本来はもっと違う使い方をするのでしょうが、今のところライティング用にばかり使っています。

特に見出しの文字数をいちいち引かなくて良くなったのが、まあありがたいというか。
一発で本文の文字数だけを把握できるので、気分的にちょっと楽になりました。

元が表計算用だけあって、関数って便利ですよね。
正直数が多すぎて全部把握することは無理ですが、他にもチマチマ覚えているので、ちょっとずつ紹介していきたいと思います。

この記事が誰かのお役に立つことを願って……。

タイトルとURLをコピーしました