\ 年に1度のブラックフライデーセール! / 詳細を見る

Googleスプレッドシートのオートフィル機能で日付入力

  • URLをコピーしました!
この記事はこんな人におすすめ
  • スプレッドシートでカレンダーを作りたい
  • スプレッドシートをスケジュール表として使いたい
シズク

スプレッドシートで連番を入れられるんだよね!
だったら、カレンダーみたいにできないのかな?

スプレッドシートでは、カレンダーも作れます。

しかも、意外と日付表示のバリエーションが豊か。

簡易のスケジュール表として利用したいときや、会計ソフトの代わりに記録したいときなんかはとっても便利です。

トモシビ

今回は、スプレッドシートのオートフィル機能を利用したカレンダーづくりを紹介します。

目次

オートフィル機能で日付を入力する方法

簡単なカレンダーくらいなら、一瞬でできます。

まずは普通に日付を入力して、右下に現れる「」をクリックしながら欲しいところまで引っ張りましょう。

オートフィルで日付入力する方法

月をまたいでも、ちゃんと対応してくれてました

これは、楽。

日付の表示形式を選択する

例えば、同じ「11月1日」でも「11/1」にしたい場合や、西暦や曜日を表示したい場合もありますよね。

そのようなときは、メニューの表示形式数字から指定できます。

画面で見ると、こんな感じ。

セル内の文字位置が気になる場合は、表示形式配置で調整可能です。

指定表示例説明
書式なしテキスト11月1日日付ではなくただの文字列として扱われます。
オートフィルも適用されません。
日付2022/11/01西暦/月/日と表示されます。
日時2022/11/1/ 0:00西暦/月/日 0:00と表示されます
9月26日(金)11月1日(火)過去に自分が使用した表示形式が表示されます。
9月26日11月1日同上
9/2611/1同上

なお、同じセルに別の形式で入力したことがあると、そっちの表示形式に引っ張られることがあります。

丸ごと無効化したい場合は、そのセルを選択した状態で表示形式書式をクリアを選べばOK。

シズク

表示方法の選択肢が少なくない?

トモシビ

他にも、いろいろな表示形式を選ぶことができますよ

別の形式に変えたいときは表示形式数字カスタム日時から、カスタマイズが可能です。

下側にプリセットみたいなのがたくさん並んでいるので、そこに気に入ったのがあったらそのままクリックすれば使えます。

自分で編集する場合、各項目の詳細を選べる上、単位を月日以外に置き換えることも可能です。

例えば「曜日の両脇につけるのは【】がいいな」という場合、ここに入力することで解決できます。

ちなみに、通常だと(月)(火)(水)……のように、テキスト形式で入力された()+曜日ではオートフィルが使えません

ただの「月」とか「月曜日」だと、普通に連続して対応してくれるんですけどね。

ところがこの「カスタムの日付と時刻の形式」で、曜日の項目だけを残して両側に()を付けるとオートフィルに対応されます

()だけじゃなく、文字や記号などでも可。

注意点としては、元のセルに日付が入力されていないと無意味なことでしょうか。

毎年作る必要はない?

シズク

やり方は分かったけど、面倒なものは面倒だね。
……毎年これやるのかぁ。

トモシビ

ちょろっとデータを書き換えればいいじゃない。

作業自体は大したことないのですが、毎年カレンダーを手作りするとなるとやっぱり面倒くさいですよね。

そんなときは、完成したカレンダーをコピーして西暦を書き換えれば終わります。

STEP
新年用のカレンダーを用意する

スプレッドシートを別に作る場合は、上部のメニューからファイルコピーを作成。

同じシート内にシートを増やす場合は、ページ下部の「+」をクリックしましょう。

新しくできたシートに、以前作ってあったカレンダーをコピペします。

STEP
西暦を書き換える

書き換えたい部分を選択状態にして、CtrlHで検索と置換を開きます。

メニューの編集検索と置換でもOK。

検索」に元の西暦、「置換後の文字列」にカレンダーにしたい年の西暦を入力します。

数式内も検索」にチェック。

すべて置換をクリックすると、選択範囲内の西暦が書き換わります。

もちろん曜日も自動で変更されるので、後はそのまま使えます。

スケジュールなどを書き込んでいて消去が面倒な場合は、最初に1年分のコピー元を作っておくと楽ですよ。

1行ごとに空白行を挿入する

シズク

カレンダーをスケジュール表として使うんだけど、メモ欄作れない?

トモシビ

日付の下に1行ずつ足せばOK

日付の下に予定を書き込むスペースが欲しい場合は、1行ごとに空白行を挿入しましょう。

この作業も、スプレッドシートのオートフィル&並び替え機能を使用することで簡単にできますよ。

STEP
作業用の列へ数字を入力する

日付を入れた横の列を作業用に使います。

まずは、スプレッドシートのオートフィル機能を使用して、1~31行まで連番を入力しましょう。

STEP
STEP2:空白行を指定する

作業用の列に入力した1~31までの連番をコピーして、同じ列の真下にペーストします。

STEP
行を並び替える

スプレッドシートの列番(この場合はD列)にマウスポインタ―を持って行くと表示される「▼」をクリック。

プルダウンメニューの中から昇順でシートを並べ替えを選択しましょう。

STEP
完成!

並べ替えが行われると、先ほど入力した連番が「11223344」の順に行ごと動きます。

後は、作業に使った列を削除すれば完成です。

シズク

1行ずつ入れるよりずっと早いね!
……ちなみに列を1列おきに入れる方法は?

トモシビ

列を入れる方法は見付かりませんでした。

Excelなら、並び替えの機能を使用して1列おきに空白を挿入できます。

ただ、スプレッドシートには同じ機能がまだ搭載されていない模様です。

いずれ追加されるかもしれませんが、今のところは手作業で入れるしかありません

とはいえ、1年分で12回ならそれほど時間はかからないでしょう。

来年になったらシートをコピーして、日付の西暦を書き換えてしまえばそのまま使えます。

おわりに

今回は、スプレッド―シートのオートフィル機能で、カレンダーもどきを作る方法を紹介しました。

日付だけなら簡単にできる上、表示形式も意外と自由が効きます。

スプレッドシートのカレンダーにさほどの装飾性は必要ない気もしますが、覚えておくと便利かもしれませんね。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次