\ 年に1度のブラックフライデーセール! / 詳細を見る

PS4でゲームするならライブ配信がおすすめの理由

  • URLをコピーしました!
こんな人におすすめ
  • PS4はまだまだ現役!
  • ゲーム内のシーンを後から見直したいことがある
シズク

PS5欲しいけど、まだぜんぜん売ってない。
ゲームは共通しているものも多いし、しばらくはPS4でいいかな。

PS4でゲームをするとき、皆さんは録画ってしていますか?

YouTubeなどでゲームの実況動画を上げない限り、なかなかゲーム動画を録ろうとする人はいないかもしれませんね。

でも、普通にゲームを遊ぶ人にもゲーム動画の録画はおすすめなんです。

どの種類のゲームでも、録っておくと後でいろいろ見返せて面白いんですよ。

そして一般的なネット環境があるなら、ただ録画するよりもライブ配信をしてしまいましょう。

トモシビ

今回は、PS4のゲームプレイ時にライブ配信がおすすめな理由を紹介します。

目次

PS4はまだまだ現役!

PS5が2020年11月12日に発売されましたね。

公開された映像の美しさやスペックに比べて、3万9980円(デジタル・エディション)からと値段が安価なのも魅力的です。

初代のPS3よりも安いって凄いですよね。

というか、Nintendo Switch(有機ELのほう)と大して変わりません。

機体は意外と大きく、幅390mm×高さ92mmx奥行260mm(デジタル・エディション)なのだとか。

これは下手なデスクトップPCより大きいのでは……?

ただ何よりの問題は、定価で手に入らないこと。

機体自体はAmazonなどで売ってはいますが、明らかにボッタクられています。

抽選に毎回張り付いていられるわけでもないですしね。

今のところPS5オンリーのソフトでやりたいのが出ていないので、まあ気長に待つつもりでいます。

ゲームデータ+録画データは結構容量を食う!

PS4本体ストレージのスクリーンショット

最近はPSNのセールも欲しいゲームが半額以下になっていることがあるので、中古ソフトには抵抗がある身としてはちょっと嬉しいです。

どうせ同じものを買うなら、ちょっとでも安く買いたい。

でも開発元にはお金払いたい。

そんなわけで公式でセールをしてくれると、とっても買いやすいのです。

そして買ったゲームをプレイしていると、あとでもう一度見たいシーンとかあそこのあれが気になる!ってところが出てきます。

PS4自体にもプレイ動画を録画する機能が付いていますが、ここで問題となるのが本体の容量です。

容量が大きいほうのPS4Proで2TB

もっともこの容量が大きいと思うか小さいと思うかは、その人がどのくらいのゲームをダウンロードして遊ぶかによります。

古いゲームなら1本10GBもいきませんが、比較的新しいゲームだと50GB前後必要です。

ちなみに、かの有名な『FINAL FANTASY VII』アーカイブ版の場合は4.28 GB。

PSストアFF7ダウンロード容量のスクリーンショット

これが最新の『FINAL FANTASY VII REMAKE』になると81.05 GBとなります。

20倍近いってすごいなあ。

PSストアFF7リメイク版ダウンロード容量のスクリーンショット

まあ、遊び終わったゲームを次々消していけばいいだけなのですが。

たまーにやりたくなるソフトとかあると、なかなかそうもいきませんよね。

なので、常にいくつかのゲームは本体内に常駐しているわけです。

さらにそこに録画データとなると、1本クリアするまでに結構な容量を食ってしまうことに。

そしてここで困るのが、録画データの行方です。

せっかく録ったのだからできれば残しておきたいのですが、ゲームとは違って一度消してしまったらもう元には戻りません

となるとデータをPCなりなんなりに移して保存となるのですが、こちらはこちらで容量に限りがあります。

あと、実はそこそこ面倒くさい。

作業自体はわりと簡単です。

ただ録画時間が最長で1時間までなので、結構こまめに録画しないといけないのです。

1回のプレイ時間が長くなりがちなRPGなどだと、これがうっとうしくなります。

また、データを移動するのにも結構な時間がかかるのですよ。

本格的に動画をガッツリ編集するのでないなら、プレイ中のPS4から直接YouTubeに上げてしまってアーカイブで残してしまえばOKです。

デメリットを挙げるなら、回線速度によっては画質がダダ下がりすること。

アクション系ゲームの戦闘画面なんかは、比較的荒くなりやすいですね。

動画全部を綺麗な画質のまましっかりと残したい場合は、キャプチャーボードを使ってPC越しにライブ配信すればOK。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

ちなみにYouTube上でも簡単な編集なら行えるので、とりあえず上げておくのもおすすめします。

おわりに

ゲームをプレイする人にとって、「あそこはああだった」とか「このシーンがよかった」とかって思い返すことは少なくありませんよね。

ほとんどの場合は思い返すだけで終わりますが、映像として残しておければちょっとしたネタになったりします。

いわゆるゲーム実況とはまた別に、ただひたすらプレイしたものを残しておくのも後々見返せて面白いものです。

いつでも消せますし、他の人に見られたくなかったら公開範囲を限定すれば見られずに済みます。

黙々とプレイしているだけの動画なんてそうそう見られませんから、たいして心配はいりません。

あるいは、見られたくなったときのために、操作方法を覚えておくのもいいかもしれませんよ。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次