e-taxでスマホをカードリーダーにするとエラーが出るときの対処法

暮らし・仕事
スポンサーリンク

パソコンからe-taxで確定申告する際、スマホをICカードリーダライタの代わりにしようとしてできなかった人のために、私が何とかできた対処法を載せておきます。

ICカードリーダライタを持っているなら、素直にそれを使ったほうが早いです

GoogleChrome(Edgeは未確認)でe-taxの確定申告サービスを始めようとして同じエラーが出たら、同じ対処法で何とかなるはず。

エラーコード:EW144-1500
エラー詳細:0x8010001d

あくまでも私がうまくいった方法ですが、特に以下の2つがポイントだったようです。

  • GoogleChromeからInternet Explorer 11に切り替える
  • マイナポータルサイトから、「もっとつながる」でe-taxとつなぐ

ほかにもさまざまなミスが重なっていた感じではありましたが、とりあえず基本的な設定なんかが間違っていなければ、このふたつをクリアすればいいんじゃないでしょうか。

ちなみに、私が利用しているのはWindows10です。

スポンサーリンク

e-taxに使うブラウザを Internet Explorer 11 に切り替えよう

これに引っかかってる人も多いはず。

スマートフォンをICカードリーダライタとして利用するためには、「Internet Explorer 11」一択です。

Windows10なら最初から入っているブラウザですね。使うかどうかは別として。

Chromeは無理。Chromeは無理ですよ!

Chromeで利用開始しようとすると、こんな感じでエラーが出ました。

エラーコードでググってもエラー詳細でググっても、なかなかほしい情報に辿り着けなかったんですよ。

そして見つけたのがe-taxの「利用に当たっての事前準備」ページ。

いやもう、これはものすごい罠だったと思います。

国税庁からのお知らせで、「Chrome×マイナンバーカード方式始まります!」ってあるので、てっきりChromeでもフツーにカードリーダーとして使えると思うじゃないですか。

使えません!

Chromeで拡張機能入れようが、パソコンに「利用者クライアントソフト」がちゃんと入っていようが、スマホに「JPKI利用者ソフト」がインストールされていようがダメです。

素直にInternet Explorer11を立ち上げて、そちらから「国税庁 確定申告書等作成コーナー」に飛んで「作成開始」ボタンを押してみましょう。

パソコンとスマホに必要なアプリがインストールされていて、Bluetoothでつながっていればサクッと認証されます。

これでダメな場合は、ちょっとマイナポータルサイトに行って設定を見直してみましょう

マイナポータルとe-taxの連携がされているか確認しよう

もしかすると必須ではないかもしれませんが、マイナポータルとe-taxを連携することでうまくいったので、こちらも載せておきます。

とりあえず、マイナポータルサイトへ行って、「ログイン」→「もっとつながる」をチェックしましょう。

なお、マイナポータルへのログインは「ICカードリーダライタ」or「二次元バーコード(QRコード)」のどちらかしか選べません。

ココを見ている人はICカードリーダライタを持っていないと思うので、ログインする手段は二次元バーコードオンリーとなります。

「つながっているウェブサイト」に「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」とあればOK。

「つながっていないウェブサイト」にカテゴライズされている場合はつなげましょう

さて、ここで問題となるのは、二次元バーコードでログインしていると「つなぐ」を完了できないサイトがあることですよ。

そして、そのつなげないサイトはe-Taxが含まれます

なんでやねん。

わかります。不満です。できるようにしとけよって思います。でもどうしようもありません。

スマホを準備しましょう。

マイナポータルアプリを立ち上げます。ない人はこちらから。

「スマホからログイン」→「もっとつながる」をタップ。

「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」を選択し、画面の指示に従って手続きを進めます。

すでに嫌な予感がしている人もいるとは思いますが、スムーズにいくとは限りません

私は何回もやり直す羽目になりました。

だってちっとも画面を読み込んでくれないんだもの!

ちなみに、e-Taxには以下の利用可能時間が定められています。

通常期
月曜日~金曜日
(休祝日及び12月29日~1月3日を除く)
24時間
(休祝日の翌稼働日は8時30分から利用できる)
毎月の最終土曜日及び翌日の日曜日
(休祝日及び12月29日~1月3日を除く)
8時30分~24時
所得税等の確定申告時期
全日
(土日祝日等を含む)
24時間
(メンテナンス時間を除く)

なお、公式サイトはこちらです。

全日とか24時間とかいわれてもいまいち信用できませんが。ええ。できませんが。

ちなみに、私が日曜日に利用開始しようとしたときは、いくら待ってもつながりませんでした。

なぜかe-Tax側との通信中に画面が固まってしまったり、何度も再確認を要求されたりしました。

あ、ちなみにe-Taxとマイナポータルとの連携に関する公式ページはこちらです。

PDFはこれ

ほかにもっとわかりやすいのがあるかもしれませんが、さすがに力尽きたので。

まあ、だいたいわかるはず。

無事にe-Taxとマイナポータルが連携できたら、いよいよ確定申告書の作成に移りましょう。

しかし、まだ油断はできません。

Internet Explorer 11でe-Taxにアクセスしよう

改めていいます。

Chromeじゃダメですよ。

スマホをe-Taxでカードリーダー代わりに使えるのは、現状Internet Explorer11だけです。

これ、マイナポータルから行くと、一番最初のカード読み込みが要らないのでChromeでも進められます。

ただし、最後の最後、でき上ったデータを送信する段階になって、マイナンバーカードの読み取りを要求されるんです。

なので、Chromeじゃダメ。

Windows10であれば、初めから搭載されているはずのブラウザなので探してみましょう。

見当たらない場合は、左下の検索ボックスに「Internet Explorer 11」と入力すれば検索結果が出てきます。

一番上に「Internet Explorer アプリ」と表示されていれば、そこをクリックして開きましょう。

あとは、URLを入れて確定申告書等作成コーナーに移動するか、マイナポータルサイトの「もっとつながる」→「つながっているウェブサイト」→「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」をクリックすればOK。

これでもダメだった場合は、もう一度必要なソフトやアプリが入っているか確認しましょう

必要なソフト・アプリ・設定の確認をしよう

今さら感があるかもしれません。

でも、チェックしていくと意外と見落としていることがあるんです。

なので、もう一度丁寧に見ていきましょう。

まずは、以下の項目をチェック。

  • Windows8.1か10がインストールされていますか?
  • Bluetooth機能が使える機種ですか?
  • Bluetooth機能を有効にしていますか?
  • ちゃんとBluetoothで連携するスマホとペアリングされていますか?
  • Bluetoothでスマホと接続できますか?

Bluetoothの状態がわからない人は、左下のスタートメニューの「設定」から確認できます。

設定が開いたら「デバイス」を選択。(上段の左から2番目にあるはず)

「Bluetoothとその他のデバイス」Bluetoothがオンになっていて、下に「発見可能になりました」と表示されていれば連携できる状態です。

ペアリングされているスマホの機種は「その他のデバイス」に表示されます。

通信中であれば「接続済み」に変わりますが、四六時中通信しているわけではないので「ペアリング済み」となっていれば大丈夫です。

次に、必要なソフトやアプリが入っているかをチェック。

  • パソコンに「利用者クライアントソフト」が入っていますか?
  • スマホに「利用者クライアントソフト」が入っていますか?
  • パソコンの「ICカードリーダライタ設定」で「Bluetooth対応」を選んでいますか?
  • 「ICカードリーダライタ設定」で指定中のスマホは今回使う機種ですか?
  • スマホの利用者クライアントソフトは動作していますか?

パソコンに利用者クライアントソフトが見当たらない場合は、スタートメニューの「か」「公的個人認証サービス」がないか見てみましょう。

そこに「JPKI利用者ソフト」があればOK。

パソコンの「JPKI利用者ソフト」をクリックして起動したら、スマホの「JPKImobile」アプリも起動します。

スマホアプリの「動作確認」でマイナンバーカードが読み込めるか確認しましょう。

問題なければ「PC接続」→「PC接続の開始」で通信できる状態となります。

パソコンの「JPKI利用者ソフト」で「動作確認」や「自分の証明書を見る」を選択し、カードリーダーとしての役割を果たせているかチェックしましょう。

マイナンバーカードに設定している証明書の番号なんかもここから有効性の確認ができますよ。

ただし、入力を間違えるとロックがかかるので注意が必要です。

メモ帳などからコピペすると楽かもしれません。

意外と忘れがちなスマホ側の機能設定

地味な盲点として、ふたつほど。

  • 「NFC」が有効になっていますか?
  • 「Bluetooth」が有効になっていますか?

単純ですが、念のために確認すると「あっ」てなることもありますよ。

普段おサイフケータイやBluetooth接続などを使っていない人は、とくに気づきにくいミスです。

おわりに

今回は、スマホをカードリーダー代わりにe-taxで確定申告をしようとして、うまくいかなかったときの対処法を紹介しました。

とにかく大事なのは、Internet Explorer11を使うことです。

Chromeではどうにもなりません。

Internet Explorer 11でアクセスしてもうまくいかないときは、マイナポータルをe-taxとつなげましょう。

ここでも認証がうまくいかないときは、日や時間を改めると何とかつなげられるかもしれません。

あとは、必要なソフトやアプリ、設定などに不足やミスがないかを確認すれば多分大丈夫。

間に合わなそうな場合はカードリーダーを買うか、もう直接出向いてやるor郵送しかありません。

なお、作成済みの申告書を提出するだけならそのままいけますが、税務署で相談しながら作る場合は整理券が必要です。

面倒くさいのは分かりますが、ほっぽらかすと色んな罰則が待っているのでしっかりと期限内に行いましょうね。

最後に一言。

Chromeではスマホをカードリーダー代わりにできないなら、もっとわかりやすいところに大きく書いておいて!

以上!ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました